FC2ブログ

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

魔女狩り・SM拷問・刑具・女囚・貞操帯の研究(学術的な物ではありません。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クリュニー美術館 

クリュニー美術館
フランス、パリのサンジェルマン大通り南側に所在する。
中世に建てられたクリュニー修道院長の別邸を利用したもので、中世の様々な美術工芸品を展示している。なかでも「貴婦人と一角獣 」の6枚のタペストリーは有名である。

クリュニー美術館公式サイト
(フランス語だが、画像だけでも楽しく見られる? 残念ながら貞操帯の画像はない?)
クリュニー美術館


ひっそりと展示されている貞操帯
クリュニー美術館の貞操帯

中世の古城でその地の領主達の墓が発見されたことから貞操帯のものがたりが始まった。
ある女性の遺骸に異様な状況が認められた。それは、非常に保存状態のよい骨盤の骨だが、なんと金属製の器具が一緒に見つかったのだ。
それには、複雑な細工がほどこされ、あらゆる不法侵入を防ぐ錠がついていて、「やすり」や強力な酸化にも耐えられるような鋼鉄でできていた。そう、貞操帯である。
それは予防器具としてもすばらしいが、同時に美術品でもあった。錬鉄の二枚の板からなり、彫刻され、金銀で象眼され、さらに金細工がほどこされている。
背面(肛門あたり)には、クローバー型の穴があいているが、このデザインは機能的にもビジュアル的にも素晴らしいと思う。

貞操帯の文化史

[ 2012/10/22 00:36 ] 貞操帯 | TB(2) | コメント(-)

貞操帯の文化史 

貞操帯の文化史 - 青弓社 1995年発行
著者 コーフェノン博士/フレディエ弁護士

貞操帯の文化史

クリュニー美術館所蔵の貞操帯
(貞操帯の文化史より)
クリュニー美術館所蔵の貞操帯その1

閉鎖部分は、象牙の状のものでできていて、錠前で、自在鉤のついた鋼鉄製の環に接続されている。象牙のくちばしのカーブは恥丘のカーブにぴったりと沿って、分泌液が通れるように、縦方向にすき間が開けてある。
環は、自在鉤によって腰回りのサイズに合わせる事ができ。、腰を傷つけないようにビロードで覆ってある。
自在鉤は、鍵を回して、適当にな刻み目に固定できる。

つづく
[ 2012/10/17 22:39 ] 貞操帯 | TB(0) | コメント(-)
拷問刑具図鑑【SMブログ】

Author:witch-hunter
FC2ブログへようこそ!

拷問器具や刑具などに関するSMブログです。
アクセスカウンター
SMブログランキング
相互リンク募集中
相互リンク募集中。 コンテンツの内容によってはお断りする場合がございますが、その場合にはこちらからご連絡致しておりません。

ハンドルネーム:
メール:
サイト、ブログ名:
本文(URLなど):

只今、出会い系ブログさまとの相互リンクはお断りしています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。