FC2ブログ

拷問刑具図鑑 【SMブログ】

魔女狩り・SM拷問・刑具・女囚・貞操帯の研究(学術的な物ではありません。)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

二人をスパンキング 

前回、紹介した「尻叩きの文化史」原書房より

尻叩きの見世物

この構図はとても素晴らしい。
二人の女の足を交差させ鎖で拘束、ロープも使用しさらに拘束。
男が思いっきりバラ鞭を振り上げている。
ジャン・フェクサスの所蔵品らしいが、なんと1920年の物らしい。

私は、写真史には詳しくない。
「大体、1920年にこんな鮮明な写真が撮影できたのか?」と疑問に思った。
結果・・・ウィキペディアに下記の記述が掲載されていた。
『1888年7月、イーストマンの設立したコダックカメラが「あなたはボタンを押すだけ、後はコダックが全部やります」との触れ込みで市場に参入した。 こうして現像サービス企業が登場し、誰でも写真撮影が可能な時代となり・・・』

う~ん、撮影できたらしい。

話がスパンキングからそれたが、脱線ついでに・・・
イーストマンコダックは、約100年の歴史に幕を閉じ、
今年破綻した。イーストマンコダックの破綻のニュース

「尻叩きの歴史」には数々の写真が掲載されているが、上画像とは違うページに掲載されていた画像。
これまた、凄い構図である。まるで映画SAWに登場するかのような器具である。
見えづらいかもしれないが、振り上げているムチが「バラ鞭」から「一本鞭」に変わっている。
上画像、下画像ともに「見世物」としての「尻叩き」らしい。
1920年代には「SMショー」もどきの「尻叩きショー」があったようだ。

二人をスパンキング


尻叩きの文化史の裏表紙
裏表紙からも分かるとおり、この本には画像だけではなく、イラストも数多く掲載されている。
ただし、画像やイラストに関する個別の解説は掲載されていない。
中世から現代までの「尻叩き」「スパンキング」に関しての歴史は詳しく解説されている。

尻叩きの文化史・裏表紙
[ 2012/06/24 21:17 ] スパンキング | TB(1) | コメント(-)

尻叩きの文化史-原書房-ジャン・フェクサス 

図説 尻叩きの文化史-原書房-ジャン・フェクサス-大塚弘子訳

24061201.jpg

平成24年2月20日 第一刷
約280ページに豊富な画像・イラスト。さすが「図説」である。

著者のジャン・フェクサスは「奇妙な」というかとても興味深い人物である。
元弁護士・イラストレーター・警察官という経歴を持つ著述家であり、イラスト収集マニアでもある。
事実、この本に掲載されているマニアックなイラスト・写真はかなりの点数が彼の所蔵品だ。
他の著作物に「うんち大全」「おなら大全」「でぶ大全」がある。これらに関しては、私はまだ未読である。

尻叩き・鞭打ち・スパンキングの歴史を豊富なイラストとともに解説している。
内容に関して、今後このブログにて紹介していきたい。
スパンキングマニアにとっては、かなり興味深い記述がある。

図説 尻叩きの文化史

[ 2012/06/12 23:11 ] スパンキング | TB(1) | コメント(-)
拷問刑具図鑑【SMブログ】

witch-hunter

Author:witch-hunter
FC2ブログへようこそ!

拷問器具や刑具などに関するSMブログです。
アクセスカウンター
SMブログランキング
相互リンク募集中
相互リンク募集中。 コンテンツの内容によってはお断りする場合がございますが、その場合にはこちらからご連絡致しておりません。

ハンドルネーム:
メール:
サイト、ブログ名:
本文(URLなど):

只今、出会い系ブログさまとの相互リンクはお断りしています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。